2018年2月18日日曜日

武相国境道、その3, 鎌倉街道上道沿いの産鉄地名

武相国境道シリーズ、第一弾は草戸峠から町田駅まで。第二弾はそのまま武相国境道を行かず、産鉄地名の並び方に何か規則性が感じられる、だから背景がありそうに思える所として、武蔵国の南多摩郡と都筑郡の郡境尾根道に沿って展開する産鉄地名を巡りました。恩田川支流の熊ヶ谷川の源流部に当たる横浜市青葉区奈良の鍛冶谷戸では、赤い水酸化鉄を見られ、ここが嘗て産鉄の現場だったのだと実感出来ました。

今回は、町田駅からの武相国境道の続きを行こうと考えてたんですが、事前机上シミュレーションしていたところ、やはり、気になる産鉄地名の並びを発見、今回もまた武相国境道の寄り道シリーズで、鎌倉街道沿いの産鉄地名を巡ることにしました。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

鶴川駅まで輪行。金井入口から金井に入ります。"金井"はエリアが広い。どの辺りが中心地だったのか、どの辺りで産鉄してたのか。

現代地図と古地図を見るとどうやら金井村の代官屋敷辺りが中心地で産鉄エリアでもあったようです。

明治13年古地図、歴史的農業環境閲覧システムより

金井村代官屋敷付近には、笹胡、笹胡坂があります。"笹"は、砂鉄を現す"サ"を重ねたもの。この尾根道のTopから笹胡、笹胡坂を眼下に大山方面の眺望はこうなっていました。

ちょうど写真中央辺りが笹胡、笹胡坂

少し離れた所にあるのは、"湯袋"。"湯"は溶かした鉄、"袋"は"吹く"です。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

木倉川が作った谷に下り、八幡神社のある尾根へ再び上り、本町田に向かいます。鎌倉時代の宿場町ですが、今はその面影は一切ありませんでした。

が、この先で恩田川を渡るんですが、恩田川と並行に走る支流がすごかった。



赤いです。水酸化鉄です。

その後、菅原神社から鎌倉街道を折り返し再び北上します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

いつ来ても本当に美しい薬師池公園です。この辺りから非常に"鉄臭"が濃くなっていきます。

野津田薬師堂
薬師堂がある薬師池公園の谷戸はこのように非常に急で深い谷になっていて、水酸化鉄を多く含む水源だったのかもしれない。

直ぐ東の尾根から鶴見川にかけては、"袋"という字。

鶴見川に架かる"袋"橋

鶴見川を渡って上の原グラウンドの辺り、ここは"カナクソ"。カナクソは"鉄滓"で、砂鉄から鉄分を取り出す際に同時に生成される不純物金属。恐らく鉄滓を捨てた所か。

上の原グラウンドは御覧の通りの広大な谷戸にある。

軍事戦略鎌倉道を更に北上、"湯"船はどの辺りかはっきりしませんでしたが、小野路川とその支流が流れていました。川は赤くなかったですが。

塞ノ神には寄り忘れ、次は金子田です。

小野路川が流れるこの辺り、駐車場の辺りが金子田。

更に北上を続ければ、別所、東光寺があるエリアへと続きます。

右手に霊峰大山、千手観音、真ん中の街並みが別所です。

こうしてここから別所を眺めると、坂上田村麻呂率いるヤマト政権に敗れ、奴隷として遠いこの地に強制的に連れてこられ、過酷な産鉄作業に従事した奥州俘囚が、薬師さんと大山に見守られながら生きていたのがせめてもの救いであってほしいと思いました。

以上です。

2018年2月6日火曜日

武相国境道、その2, 武蔵国・南多摩郡と都築郡の郡境道沿いの産鉄地名

前回から始まったこのシリーズ。前回は触れませんでしたが、武相国境道の周辺には、産鉄に関連する地名が多数認められるとのことです。

まずは、古い地名も含め調べ上げた結果をご紹介したいと思います。尚、谷戸めぐりというサイトを参考にさせていただきました。いつも楽しく拝見させて頂いております。


黒線が武相国境道です。自転車で行く時のルートでもあるので、実際の国境道から外れる場合もありますが、ほぼ、トレースしています。

マーカーが、産鉄地名です。が、紫は無視してください。やはり自転車用です。赤と青がありますが、両方とも、産鉄地名です。

今回調べたのは、武相国境道に沿った、町田市、横浜市だけだったので、他と比べて多いのかどうかは分かりませんが、とにもかくにも、これだけの産鉄地名があったということは間違いが無いわけです。

武相国境道を、ただ、行くよりは、この、"たたらの道"というテーマを持った方がより楽しめそうなんですが、自転車でここをExploreすることを考えると、全部は行ってられないわけです。今行っても、ただの交差点になっていたり、公園になっていたり、住宅街になっているだけということもあります。って言うか、殆どはそうでしょう。

と、いうことで、地図を眺めていたわけです、どこか行くべきところ、行けるところは無いか、と。そうしたところ、あることに気付きました。産鉄地名が有るエリア、無いエリアがあるわけですが、有るエリアでは、地名がきれいに並んでるような気がしたんです。


どうでしょう、そんな感じがしませんか?

で、草戸峠から順番にチェックしていったら、最初に気付いたのはここでした。


地形図で見た所、更に面白いことに気付きました。


きれいに尾根に乗っていたんです。よく見たら境界線もあり、ここは、南多摩郡・都築郡の郡境道(今の町田市・横浜市市境道)だったんです。

武相国境道は東京湾と相模湾の分水嶺だから尾根道。その武相国境道周辺に産鉄地名が多い。その支尾根となる南多摩郡・都築郡郡境道に沿って産鉄地名が並んでいた、そういうことになります。

俄然、モチベーションが上がってきました。今回は、武相国境道から南多摩郡・都築郡郡境道をExplorerしました。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

町田駅まで輪行。町田駅から武相国境道、現町田街道を行きます。途中、金森の交差点。ここも産鉄地名ですが、ただの交差点でフォトジェニックじゃないのでスルー。でもこの辺りには金山神社が二つもあり、鉄分が高いです。

町田市辻で246を左折、ここから南多摩郡・都築郡郡境道です。まずは、アスレチックコースの裏手にある、"大袋(”袋”は、"吹く"から来ている。) "に行きましたが、ここはアスレチックの私有地となっていて進入不可。退散します。

御覧の通りのアスレチックフィールド。双体道祖神があるが、古地図を見ると写真に写る池から、更にその先に見える大山道の尾根に上がる道があり、集落はこの写真に見える風景の背後に続いているから、ここは集落外と集落の境界に当たり、だからここに置いたのだと思う。

住宅街の武相国境道を行きます。つくし野駅の辺りで線路を越える為に迂回し、恩田川に出て、"東光寺跡(西方の阿弥陀如来に対し、薬師如来は東方の教主であり、薬師如来は瑠璃光如来とも称えられたので、"東"方の瑠璃"光"で"東光"の代名を持った。奥羽俘囚の長であった藤原基衡建立の毛越寺吉祥堂の本尊は薬師如来。慈覚大師円仁は、俘囚教化の為、東国を巡錫して仏堂を建立したが、その時、毛越寺と同じ薬師如来を本尊とする寺を開山した。だから、俘囚移配地には東光寺がある。俘囚は、産鉄の為、東国に移配された。だから東光寺は産鉄地名。) ", "吹上("吹く"から) "と行きますが、フォトジェニックじゃないのでスルー。先を行きます。道はやがてダートとなり、西側は緑地で崖。雪融けでグチャグチャの中、暫く行くとこの緑地は西側が大きく開けます。

左のピークはお馴染み大山です。今日は富士山は見えませんね。それにしてもここから眺めると町田街道も尾根だったということが良く分かります。ビルが並んでるのが町田街道ですが、ここ、南多摩郡・都築郡郡境道尾根から見ると、一旦下がって又上がってますから。

この緑地は山吹緑地というのですが、由来は、山村と吹上の両方に跨るから。つまりここも"吹上"なんですね。フォトジェニックな"吹上"が撮れました。

(ようやく良いランチ場を見つけられたということでここでランチです。握り飯を食べていると下から風が吹き上げてきます。"吹上"は、製鉄の際に火力を強める為に風を吹く事からきているのではなく、この風のことかとも思いました。)

先に進みます。

ここが尾根道であることが否が応でも分かる谷戸の風景
こういう快適なところももちろんあります。

で、辿り着いたのは"鍛冶谷戸(これはそのものズバリ、"鍛冶") "です。ここは熊ヶ谷川の源流部で、公園になっていて、源流部まで行くことができました。で、ここが良かった。そこでの写真です。

源流の一つ。写真中央黒ずんだところが水が滲み出しているところ。鉄ですね。
幾つも源流があるのだがここもその一つ。ちょうど、源流最初の一滴が落ちるところを取ったのだが分かるかな?! 周辺の土が赤いですね。鉄です。
だから川もこのように赤い。鉄です。

794年に、坂上田村麻呂に敗れ、関東に連れてこられた俘囚たち。彼らが担ったたたら製鉄の面影が、1200年の時を超えて、感じられました。

ここで作ってたんですね、鉄を。

この後は、"大田平(だいたたら←たたら)"ですが、マンションになっていましたのでスルー。これにてExplorerを完了しました。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

地図を見ると、今回のように、歴史も自転車も楽しめるところはそうそう無さそうですが、何とか、次回以降も楽しみたいと思います。

2018年1月28日日曜日

武相国境道、その1, 草戸峠~町田駅

武蔵国と相模国の国境は、ほぼ、東京湾と相模湾の分水嶺でした。

が、町田市の辺りでは、秀吉が太閤検地の時に、高座川を国境にしてしまった(それで高座川から境川に名前が変わった。)のですが、それ以前は、武相国境が終わり武甲国境が始まる三国峠から六浦まで、きれいに分水嶺だったようです。

秀吉の太閤検地前の武相国境、町田付近。黒線がそれ。その南にほぼ並行して走る青(グレーに見えるかな?)線が太閤検地以降の国境、境川。

ということで今回は、武相国境道の第一回として、草戸峠から町田駅までExplorerしてきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

橋本まで輪行。大戸から境川源流を目指し、草戸峠に登ります。
(こんな所にも熊出没注意看板が。まいってしまいます。)

草戸峠から権現谷までは、古地図でも徒歩道がついています。この道を行きます。

古地図_明治後半_草戸峠~七国峠。左下、点線が東、北東、北から3本集まっているピークが草戸峠。権現谷に向かう北東点線が旧武相国境道で、今の八王子・町田境界線。

自転車乗りとしては今回まずここがとっても良かったです。山の中の尾根道だったので木々に囲まれながらも眺望が良かったです。また、基本的に道は細いのですが、所々乗車もできて最高でした。

以下、写真です。

草戸峠から最初のピークで北方向に向かって撮りました。ここで握り飯を1つ食べて小休止。
2つ目のピークで橋本方面の眺望が開けた所
一度下って上り返した。

最高の尾根道トレイルを終え、清掃工場に出ます。ここからは上記古地図にある通り、徒歩道でもないのですが法政大学のジョギングコースとして整備され、それはもう気持ちの良いダブルトラックが続きました。

最高!!!!!な、落ち葉フカフカダブルトラックのトレイル

最高に気持ちよかった法政大学ジョギングコースはゴルフ場で終わらせられてしまいます(が、このゴルフ場の名前が、"相武カントリー倶楽部"。分かってるじゃないの!!!)ので、迂回して七国に入ります。

この七国から杉山(御殿)峠までは、明治初期古地図でほぼ徒歩道がついてます。

古地図、七国峠~杉山(御殿)峠、左やや下に七国峠、右上に杉山峠の文字が認められる。(分かるかな?!)薄い緑線が旧武相国境、今の町田・八王子境界です。これにほぼ沿って徒歩道がついてます。

お馴染み大日如来さんです。ここがピーク。


ここから七国峠までも徒歩道、七国峠から南北の道は両実線の大道、その先は再び徒歩道ですが、ここも非常に良かったです。あまりに良すぎて写真を撮る暇が無かった。

東京ゆりかご幼稚園の辺り

徒歩道は東京造形大学の手前で南に下り、片実線方点線の村道に出、北進し、杉山(御殿)峠の南北の大道への接続村道を行くのですが、ここが酷かった。

杉山(御殿)峠付近、この村道が酷かった。テープは町田・八王子境界線道についているようです。テープに従っていくと途中から北進し始めましたから。でも藪が酷過ぎて結局行き止まりです。

恐らく殆ど人が入ってないんでしょうね。道は踏み固められずフワフワだし、藪もひどくて道は細い。道沿いの木にテープが巻き付けられていて、それに従って進んだんですが、行き止まってしまいました。途中、一か所だけ分岐があったので、そこを行くと、ようやく、杉山(御殿)峠の鎌倉道に出られました。

シングルトラック・・・というよりただの獣道。私は杉山峠は何度も行っているので何となく雰囲気が分かりGPSも通ったので分かりましたが、初めての人は分からないと思います。まして、この季節以外は無理でしょう。藪が酷くて視界も効かないでしょうし。

御殿峠を過ぎたら、あとは、すっかり整備された尾根緑道を経由し町田駅に到着です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

いやぁ、全体としては非常に良かったですが、最後、杉山(御殿)峠はAdventureでした。帰宅後体重計に乗ったら2kg減ってましたよ。

2018年1月6日土曜日

矢倉沢往還(古代東海道)、善波峠

矢倉沢往還の善波峠に行って来ました。

秦野まで輪行したんですが、地形図を見ると秦野は盆地なんですね。少し調べると、南側の渋沢断層より南が隆起し、北の盆地部分は陥没して盆地となったようです。どうりで、南側の盆地の境目はは直線ですね。”直線を見たら断層と思え”ですね。

真ん中やや左の四角形が秦野盆地。四角形の底辺はほぼ東西真っ直ぐで、ここが、渋沢断層。”真っすぐを見たら断層と思え”。
□■◇◆□■◇◆□■◇◆□■◇◆□■◇◆□■◇◆□■◇◆□■◇◆□■◇◆□■◇◆

秦野から善波峠取り付きまではあっという間でした。えっちらこっちら急坂を押し歩き、善波峠取り付きの乗馬クラブ前で振り向くとこの絶景です。

ホントに、元気が出ます。

更に上り、やがて、切り通しが見事な善波峠です。

峠らしい峠

事前の机上調査の段階では、ここから弘法山へ出、尾根を行って幾つかありそうな矢倉沢往還への戻り道を行こうと思ってましたが、頻出する、”熊出没注意”の看板が、躊躇させました。善波トンネルへ戻り迂回ルートで矢倉沢往還に復帰します。ここも例の看板が頻出してるんですが、何とか頑張りました。

本日のBest Shot
馬頭観音と

あっという間に古道は終わります。熊にも遭いませんでした。

246に復帰し、桜坂を左折するとそこは箕輪駅跡。

箕輪駅跡

再び246に復帰し、比比多の交差点を左折すると、式内社、相模国三宮、比比多神社です。

まだ1/5, 初詣客も多い

しかし、本日のメインはこの後でした。

画角を欲張り過ぎました。
パノラマが失敗だったのでこれも載せておきます。

比比多神社元宮の絶景です。握り飯が旨かったこと。

それにしてもこの比比多神社のところの矢倉沢往還のルートですが複雑ですよね。

何故か

古地図を見れば良く分かります。地形図でも分かる話なんですが、標高差がそれほどではないので色に出にくい。なので等高線がある古地図の方が分かり易い。

歴史的農業環境閲覧システムより。この複雑なルートは、台地のヘリをルーティングした故。つまり、川の氾濫によって通行が困難になってしまうリスクがある低地を避けた。

本厚木まで行き、本厚木から輪行したんですが、最後に、途中、下糟屋に御鎮座の式内社、高部屋神社です。

式内社なんですが、ちと寂しいですな。

□■◇◆□■◇◆□■◇◆□■◇◆□■◇◆□■◇◆□■◇◆□■◇◆□■◇◆□■◇◆

秦野盆地や、比比多神社周りの複雑ルーティングをもたらした地形について触れましたが、改めてこの辺り全体の地形図を見てみると、面白いことが分かります。

全体地形図

まず、相模川の厚木より南は、もう海ですよね。平安・鎌倉海進時期は、雨が降ると、通行が困難だったのではないかと想像してしまいます。と、なると、ここにはルーティングできない。なので、今のルートをそのまま少し南に移動させたルートは無理ということになります。かと言って、海老名から相模川を渡って厚木に至る所で、今のルートは少し南下していますが、南下せず、そのまま海老名から真っすぐ行くルートを選択しようとすると、丹沢山塊が邪魔をするわけです。今のルートは、泥濘を行かず、険しい山道を行かず、ちょうど良いルートだということになります。

2017年12月17日日曜日

矢倉沢往還(古東海道)、松田惣領~千村

このルート、much better than I expectedでしたよ!

特に、掘割道がたくさん残ってて、1000年前にタイムスリップ出来ました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

最寄駅は開成なんですが、急行が止まらず鈍行に乗り換えということなので、新松田で降り、チャリをsetupして出発です。

北口から西へ。矢倉沢往還を左折、酒匂川を渡り南へ。足柄大橋で再び酒匂川を渡り左折、1ブロック行った辺りが鎌倉期の矢倉沢往還で、酒匂川の渡河地点です。

ここがまた見事!

ど正面に富士!!!

ここから本日のExplorerスタートです。


※赤ラインが今回のルート

矢倉沢往還の室町以降の道筋は川音川北岸ですが、この鎌倉期矢倉沢往還は南岸を行きます。住宅街ですが、旧家が残っていて趣があります。

直ぐに東名の橋脚に辿り着きます。ここを右折、ここからひたすら上りですが、上り口の神山神社を訪れました。

紅葉が少し残ってました。
創建は室町期ですが、頼朝富士巻狩りの言い伝えもあります。このルートが平安・鎌倉期であることの一つの証拠です。

ここからひたすら、ひたすら、ただひたすらに標高248メートルまで上りです。しかも、割と急。

ですが、ここから怒涛の掘割道のオンパレードでした。

今日のハイライト!!! これを見つけた時は嬉しかったです。迅速図には載ってたんですけど、電子国土地図にも載ってなかったので諦めてたんですが、だからからか、見事な掘割が残ってました。でも、3分も上ると深い藪で掘割は残るも前進不可。仕方無く引き返しました。
上の写真の掘割はここに出てくる。
ここもうっすらと掘割

で、ようやく辿り着いた富士見塚です。この絶景。

頼朝富士巻狩りの言い伝えがあります。

ここから道は下って三嶋神社に出ます。

頼朝創建の言い伝えもある。

ここから一山越えて又上がっていくんですが、そこがまた掘割。

大きな掘割です。コンクリ舗装でなければ、、、

で、上り切ると尾根道になりますが、ここがまた絶景でした。

太平洋が

北側も絶景

霊峰大山

いやぁ、乗車率5%でしたが、楽しかったです。と、やっぱり富士山て気分上がりますね。